コラム

マーケティングの「インバウンド」と「アウトバウンド」の違い

eproduceadm
marketing

今回は広く知られるようになった「インバウンド」と「アウトバウンド」について、マー

ケティングの世界でどのように使用されているのか、ということを改めて簡単に説明して

いきたいと思います。

今までなんとなく把握されていた方は、これを機に少し理解を深めていただければと思い

ます。

インバウンドとアウトバウンドの違い

最初に答えから書きますが、この2つはアプローチの方法が違います。押すマーケティン

グなのか、待つマーケティングなのか、という違いです。

まずは従来的なマーケティングの手法である、アウトバウンドマーケティングから説明し

ていきます。

アウトバウンドマーケティングとは

広告やダイレクトメール、テレアポなど、自分から買い手に対してアプローチをかけるマ

ーケティングの手法です。「プッシュ型」とも言います。

メリットとしては、多くの新規顧客へ訴求できることや、効果測定がしやすいこと、短期

間で効果をあげやすいことなどが挙げられます。そのため新規事業の場合や、予算含めリ

ソースが少ない場合などに選ばれやすい手法であると言えます。

一方で、手を休めれば売り上げも止まってしまうため、リソースの限界までアウトバウン

ドマーケティングのみを行えば更なる発展は難しくなってきます。

インバウンドマーケティングとは

Webサイトやソーシャルメディア、セミナーなど、有益な情報を発信していくことで顧客

に見つけてもらうマーケティングの手法です。「プル型」とも言います。

メリットとしては、問い合わせからの契約率が高くなりやすいことや、契約後の顧客満足

度が高くなりやすいこと、長期的な効果を得やすいことなどが挙げられます。そのため長

期的な商品やサービスの販売を行う場合に、重視されるようになってきた手法です。

一方で効果を得られるまでの準備期間が長く、効果測定もしにくいため、どう企業活動に

影響しているのか把握しにくいという特性があります。

インバウンドとアウトバウンドの使い分け

どちらか1つに絞るのではなく、どちらも使用してマーケティングを行うことが求められ

ます。

段階的に言いますと、事業の立ち上げなど「スタート」に近いほどアウトバウンドを多め

に行うようにするのがセオリーです。その後、ある程度安定して収益をあげられるように

なれば、インバウンドを多めに行うようにするのが良いでしょう。

ただ、これはあくまでも目安的なものなので、実際にはサービスなどの提供を行っていく

中で、柔軟に割合を変化させていくことが大切です。