コラム

リスティング広告とは~初心者でもわかるリスティング広告の基礎~

suzuki
キーボードで検索

リスティング広告とは、検索エンジンに表示できるWeb広告のことです。ユーザーの検索キーワードに連動して表示されることから、検索連動型広告とも呼びます。

広告欄は検索結果画面の上下や右側にあります。よく見ると「広告」といった表示がされているので、すぐに分かるかと思います。(分からないように作るとステルスマーケティングになってしまいます)

掲載はYahoo!とGoogleどちらでも可能

リスティング広告を掲載するのは、Yahoo!とGoogleになります。
それぞれ別のツールを使う必要があるので、どちらも一括で表示させるといったことはできません。Yahoo!の検索結果に表示するには「Yahoo!JAPANプロモーション広告」を、Googleの検索結果に表示するには「GoogleAdWords(アドワーズ)」を利用します。

Yahoo!とGoogleではユーザー層が少し違うので、どのような商材を宣伝するかによって使い分けることもあります。自社サイトにどちらからの流入が多いかによって判断するのが良いでしょう。

費用はクリックによって発生する

リスティング広告はユーザーがクリックするごとに課金される方式を取っています。このとき発生する費用は自分で設定する入札価格によります。

ただ、基本的に入札価格が高い順に表示されるため、そもそも表示されないといったことも起こります。広告を出してみて、まったく動いていないものがあったら、入札価格を変更しない限り表示もされないでしょう。

運用にはキーワード選びが重要

リスティング広告では、ユーザーがどのようなキーワードで検索したときに広告を表示するかを決めることができます。これはとても重要なポイントです。

ユーザーがどのようなキーワードで検索するとき、自社商材を購入するのか、といったところを過去のデータから読み取る、もしくは想像することが必要になってきます。

例えば、この記事のように「○○ とは」「○○ 基礎」などの複合キーワードから、ユーザーがすぐに何かを契約するといったことは稀でしょう。しかし、「○○ 最安値」「○○ 見積もり」などのキーワードである場合、「今すぐ欲しい」ユーザーであること可能性が高くなります。

キーワードごとに入札価格を決めていく

キーワードを選んだら、次はそのキーワードにどの程度の入札価格を出せるかといったところを決めていきます。どんなキーワードならどの程度の売上や利益が見込めるのか、費用対効果と相談しながら決めていきましょう。

PDCAサイクルを回すことが重要

リスティングは計測と、それに伴う修正によって、優秀なWeb広告となります。しかし、適当に選んだキーワードをただ回しているだけだと、高い効果を見込むことは難しくなってきます。場合によってはリスティング広告を回すこと自体が赤字といったこともありえます。

そのためリスティング広告を回し始めたら、しっかり数字を見ながら改善を行うようにしてください。