コラム

SNSをマーケティングに活用する上で抑えておくべき3つの基本

suzuki
follow

今やSNSは企業のWebマーケティングに欠かせないツールとなりつつあります。母数が多くなるためBtoC企業の活用例が目立ちますが、BtoB企業でもSNSをマーケティングに活用することも十分可能です。どんな商品も相手が「プライベートのある人」である以上、SNSを有効活用することは可能です。

ここでは、企業がSNSを有効活用する上で絶対に外せない3つの基本をご紹介します。本当に基本的なことなので「知ってる」と思うかもしれませんが、意外と実践できていない方も多いので、改めて振り返ってみてはいかがでしょうか。

1.何のためにやっているのかを意識する

SNSを使用して何を目標としているのか、ということを意識しながら運用することはとても大切です。中には「いいね!」など欲しさに企業とまったく関係のない投稿をしようとする方もいらっしゃいますし、担当の方のブログのようになっていることもあります。

SNSの運用は基本的に、企業やサービス・商品と親和性の高い投稿を中心に進めましょう。何のためにSNSを使用して発信しているのか、ということを認識しなくなると軸がブレてしまいます。

2.広告ではなくて「情報」を発信する

上記1の内容と少し相反する部分ではありますが、広告とならないように気をつけるのが重要です。投稿を見ているユーザーは売り込みをかけられたくて企業とつながりを持ってくれているのではなく、メリットを得られるからつながりを持ってくれています。

そのメリットは「役立つ」「面白い」「カワイイ」「お買い得」などさまざまですが、売り込みをかけて欲しいからという理由でつながりを持っている人はいません。SNSによるマーケティングは、ユーザーが楽しめる場を提供することが第一歩となると心がけましょう。

一方通行の交流ではなく、双方向の交流がSNSの基本です。

3.誰とエンゲージメントするべきかを考えておく

企業のSNS運用はユーザーとのつながりを持つ(エンゲージメント)ことが目的となりますが、誰とつながるべきか、というのは事前に考えておきましょう。ターゲットとなるのは、自社のお客さんになってくれそうな人でなければ意味がありません。ただ人数を増やせば良いのではなく、意味あるつながりを構築することが大切です。

そのため、どのSNSを使用するかというところも考える必要があります。「ターゲット属性がこうだから、このSNSを使用する」ということを答えられますか?

もし、答えられないのであれば改めて運用するSNSから考えなおした方が良い可能性もあるでしょう。