コラム

求人・採用で検索に引っかかってくる「Indeed」ってどんなサイト?

suzuki
indeedtop

Indeedとはアメリカ発の「求人情報検索サービス」で、2012年にリクルートに買収されました。検索で非常に強いだけでなく、最近ではテレビCMなども見るようになったので、一般の方からの知名度も上がって来たのではないでしょうか。

今回は企業向けに「Indeed」ってどんなサイトなのか、基本的な部分を紹介していきたいと思います。

1.求人情報の「検索」サイト

Indeedを「求人広告」のように思われている方も多いですが、あくまでも「検索」のためのサイトです。Indeedの中で応募まで完結するのではなく、Indeedから求人情報に移動(振り分け)することがサイトとしての存在価値です。

indeedの存在意義

そのため、Indeedはさまざま求人情報を収集・蓄積しています。目標としては「すべての求職者の入口となること」でしょう。そのためIndeedへの掲載は無料となっています。

有料の求人媒体、無料の求人媒体、企業の採用サイト、などなど。あらゆる採用情報がIndeedに集まるのが、Indeedにとって理想的な状況なわけです。

2.Indeedの「収益源」は広告費

Indeedは無料で求人情報を掲載することができますし、成果報酬型広告とも違って「採用しても無料」というのが特徴です。

しかし、Indeedは広告費で売上を伸ばしています。これはGoogleなどの検索エンジンと同様に、サイト内で検索連動型広告(リスティング)を取り扱っているからです。

以下は試しに「営業 東京」というキーワード検索してみた結果ですが、スポンサーという表示がついているものはキーワードに応じて入札が行われ、クリックした時点で広告費用が発生することになります。(※赤枠のところ)

indeed検索結果画面

Indeed側が公表している一般的なクリック単価は15~90円です。掲載しているだけだと目立たせることが難しいですが、スポンサーとして広告を打つことで、検索結果に表示されやすくなりサイトへの流入にも繋がるようになります。

3.ロングテールSEOに強い

Indeedはネット上から自動的に求人情報データを収集し、掲載を行っています。そのためデータ量が豊富で取り扱うページ数も膨大なものとなります。結果としてSEOに強いサイトとなっています。

職種と地域名で検索したとき、Indeedが検索結果の1ページ目にない、ということはほとんどありません。それほど多くの求人関連の検索で上位表示されています。

求人情報を特定のサイトから探し始めるユーザーではなく、検索エンジンで検索してから探し始めるタイプのユーザーにとっては非常に身近な存在と言えます。

まとめ

ユーザー数も増えメディアへの露出もされ、知名度も上がってきたIndeed。

リスティング広告と同じで、上手に利用すれば採用コストを下げ、優秀な人材を採用することもできるツールです。「無料媒体は使えない」と考えている採用担当はまだまだ多いですが、方法次第でとても強力な採用ツールになりますので、少し調べてみてはいかがでしょうか。